コンサルタント会社を経て、とんかつ豊かを起業した飲食マーケッター小林孝志のブログ

2007年 11月 24日 ( 1 )
第123話 近頃、異常にプラス発想です!
私はもともとマイナス発想人間ではないのですが、さりとてプラス発想人間といわれることもなく、
いわば何か起こるたびにその都度考えるバランス型人間でした。
しかし2年前に死にかけて以来、超プラス発想になりました。
そして今はプラス発想が異常に加速中です。


先日、ある女性新人スタッフに対して少し厳しい口調で仕事の考え方を伝えました。
それは厨房内で少しでも余裕があれば仲間のフォローに入るように、といったことです。
小さな店で最小の人数で運営している店です。
決して自分の持ち場を完璧にすることだけでは成り立ちません。


私は新人が入ると、研修期間はできる限り一緒の現場に入ります。
作業は全て教育スタッフが教えます。
私は新人スタッフの姿勢やほんの些細な仕草などをチェックして、
チームワークの重要性や優先順位のことなど仕事に対する私の考え方を伝えています。


しかし今月に入って私は体調不良で現場にほとんど入れていません。
その新人スタッフと一緒に現場に入ったことはほとんどありませんでした。
とてもやる気と学ぶ気を持っている学生です。
しかし教育の初動で仕事の心構えを伝えられずに、コアがずれてしまうと、
後から修正することは困難です。


少々言い方が厳しかったかなと思い、仕事が終わってからメールをしました。
内容的には
・作業のスピードよりも正確さ、確実さに重点を置いて欲しい
・期待していますよ
そんな感じです。

これに対して彼女から返ってきたメールは
・盗めるものを盗んだら去る身です
・人によって教えることがまちまちです
・常にせかされている気がします
・期待しないで下さい
といった内容でした。

そして話をしたいので時間を下さい、とありました。

普通なら、辞めると考えるでしょう。
しかし私は心の底からスゴイ!と思いました。
辞める可能性もあるとは思いましたが、それよりもどうしても残ってもらうべき人だと思いました。


翌日、直接会って話をしました。
「盗めるものを盗んだら去ると書いてあったけど、そんなん当たり前やん。
逆に盗むぐらいの気持ちできてもらったほうが上達が早くて助かるねん。
ただし、きちんと盗むには最低でも半年はかかるで。中途半端に盗むんじゃなくて、
徹底的に盗みきってや。盗まれるものがちゃんとある方がこっちとしては嬉しいしな」

「みんながそれぞれに新しい人に教えようとする行動自体が嬉しいわ。みんな成長してるなぁ。
教えるのがまちまちなのは作業の根幹じゃなくて、きっと些細なことやろ?
みんな工夫して自分なりのやり方やタイミングがあって、その方が楽だよと教えてくれる
わけやから、それはありがたく聴いて一度試して自分に合うかどうかを決めるのがいいよ。
せっかく教えてくれたことは一度はやってみてあげてや。そうせな教えた側は悲しいで」

「せかすのは他のメンバーがみんなやる気満々の証拠。
自分がやればもっと上手く早くやれるのに、と思ってんねん。ある意味では良きライバル関係。
みんなそういう環境の中で切磋琢磨して作業を覚えたんやから、君もそこにノったらいいよ。」

「君に対する期待というのは、長く勤めてくれということじゃないで。だって今から卒業までいても
せいぜい1年ちょっとやん。そうじゃなくて君の学ぶ姿勢に期待してんねん。
小さなことまで質問したり、それこそワインにまで興味を持ったり、そうした姿勢をもっとみんなに
見せて欲しいというのが君に対する期待やねん。
こうやって経営者に1対1で食らいついてくること自体、俺はほんまにすごいことやと思ってるで」

こんな話を1時間くらいしました。

さすがに彼女も豆鉄砲を食らったみたいな表情をする場面もありましたが、
これが今の私のホンネです。


来月以降の話をして頑張ってくれることを約束してから彼女は満面の笑顔で帰りました。



物事、何でも捉えようです。
マイナスで捉えると全ては下降線にしか向かいません。


私は26日(月)から国立循環器病センターに入院することになりました。
検査のデータが尋常でないということです。


12月は私がまったく不在のシフトを組めました。
金銭の管理も全てスタッフに任せます。
毎日、病室まで報告に来てくれます。


それは本来、私が目指していた運営スタイルです。
たまたま私の居場所が病室というだけ。
でも入院させられないと、いつまでも俺がいなきゃ・・・とでしゃばっていたに違いありません。
店や家にいるといろいろとやるべき雑用がありますが、病室ならそれがありません。
一気に本を書き上げるには最高のチャンスです。
しかも健康の心配をしなくていいのです。


ピンチが大きければ大きいほどチャンスも大きくなる!
プラス発想を通り越して、のうてんきとも言えるほどハッピーな気分です。

しばらくブログはお休みしますが、退院しましたらまた報告します。
しばしお待ちくださいませ。
[PR]
by tonkatsuyutaka | 2007-11-24 14:53