コンサルタント会社を経て、とんかつ豊かを起業した飲食マーケッター小林孝志のブログ

2007年 09月 30日 ( 1 )
第91話 目標設定はでっかくしなきゃ。
9月も残りあと僅か。
3連休が2週連続あり、土曜日スタート日曜終わりという最高に暦に恵まれた1ヶ月。

しかし、最初の土日があまり良くなく、そのままズルズル・・・
最後の3連休でかなり巻き返したものの、その後の平日が振るわず。
まるで阪神タイガースのような感じで、予算には僅かに届かないところで着地となりそうです。

それでも昨対比は180%。
昨年が悪すぎたといえばそれまでですが、なんとかかんとかギリギリで予算と闘っています。



ところで私が闘っている予算ですが、これはもともと自分で設定したものです。
目標は予算より20%増やしています。
しかしそもそも何を根拠に目標や予算を決めているんだろう・・・



昨日、出資者の友人と夜食事をしながら話をしていてふと我に返らされました。


毎月クリアできることを目標にした予算を立てるのか?
最低でも利益が出ることを目標にした予算を立てるのか?
経営が成長曲線に乗ることを目標にした予算を立てるのか?
従業員、家族を幸せにできることを目標にした予算を立てるのか?
本来自分がやりたかったことを達成させることを目標に予算を立てるのか?
それとも、勢いではちゃめちゃな目標を予算として立てるのか?



どのやり方を選ぼうと経営者の自由です。
しかし目標や予算が小さくまとまると、そこで止まります。
成長曲線に乗るといっても、その曲線があまりにも緩やかなら止まっているのも同じです。


そう考えると、我々のような小さな会社は今までやったことのないような、
はちゃめちゃな数字に挑戦しつづけるべきであることを感じました。


我々は上場企業ではないのです。
本屋にいくと経営計画の立て方とか、キレイ事ばかりの本がいっぱいです。
そんな本を見ると、上場企業の常識に感化されてしまいます。



アホな計画を立てて、そこにがむしゃらになって構わないのです。
経営者の目標が「イイ車に乗る」とか「旨いものをたらふく食べる」とか「海外旅行に行く」とか
そんな低次元のことでもいいのです。

逆に小さいうちはそんなのがいいのです!



勉強の仕方を間違えると、変に賢く小っちゃくまとまってしまいます。



10月は暦が不利?
天候が不順?
人が入れ替わる?


それがどうした!

そんなの関係ね~!

やりたいことやろうと始めてるんだから、やりたいことができるまではガンガン行くのみ!



昨日、友人と飲みながらそんな思いに強くなりました。

ありがとうございます!



オッパッピ~???
[PR]
by tonkatsuyutaka | 2007-09-30 11:14