コンサルタント会社を経て、とんかつ豊かを起業した飲食マーケッター小林孝志のブログ

第114話 販売促進の極意はシンプルに考えること!
店の2階に事務所として部屋を借りています。
普通のアパートの1室で、キッチン1部屋と6畳が2部屋です。
キッチンにはキャベツスライス専用の業務用の巨大なシンクがあり、
中央の6畳間は冷蔵庫をずらりと並べ、また春~秋にかけては食材が傷まないようにエアコンをつけっぱなしにして14℃を維持できるような自作保冷庫などもあります。
そして店の入り口に面した部屋にいわゆる事務所として機能する部屋があり、私がパソコンでいろいろな集計をしたり、スタッフが着替えをしたりするスペースになっています。

その部屋の窓に近い所に私のデスクはあります。
そこにいると店に出入りするお客様や通りを歩いている人の声がとてもよく聞こえます。


そこで最近、よく耳にする声があります。
それは
「うわぁ、この店すごいたくさんテレビとか出てる~」
という声です。


実は店の隣にある絶品オムライスが有名な洋食屋さんが先月半ばにテレビに出られました。
私の店も昨年の年末に出たことがある関西ではかなり有名な情報番組です。
私の店の時もそうだったのですが、やはりお隣様も大反響がありました。
テレビというのは地元だけでなくかなり遠くから人が動きます。
またそうして動く人は、常にいろいろなところに動き続けています。

そこで、テレビをご覧になってお隣の洋食屋さんに来られたお客様に、自店のアピールをしようと考えました。


私は元来が凝り性で、いろいろなことを深く考えすぎて、いじくりすぎて、結果的に上手く伝わらないということが多々あります。
今回はそうしたことがないようにきわめてシンプルにA3サイズの紙を4つに区切り、
「読売テレビ “なるとも”に出演しました!」
「毎日放送 “せやねん”に出演しました!」
「料理情報誌 “あまから手帖”に掲載されました!」
「ビジネス情報誌“ゲイナー”に掲載されました!」

という風に書いたPOPを、外に出してあるメニュー看板の上に設置しました。
そしてそこに店のパンフレットもそえておきました。


2階の部屋で聞いていると、洋食屋さんから出てきた雰囲気のお客様が
「あれ、ここも“せやねん”に出てるんやて。今度来てみよか」
「“なるとも”まで出てるんや。おいしいんやろな」
そんな会話が聞こえてきます。
全商品のラインアップと一品ごとの価値と価格を細かく記載したパンフレットは
毎日20枚近く減っていきます。



お隣様の絶品オムライスが私の店の新たなお客様候補をたくさん連れてきてくれたのです。
本当にありがたい話です。



販売促進というのは、まずは誰に何をどうやって伝えるかです。
本当に通りすがりの方に伝えるのと、目的をもってその場にいる方に伝えるのとでは、
伝え方も伝える内容も当然変わります。

そして伝えるだけではなく、売り上げに結びつけるまでやるのが販売促進です。
売り上げに結び付けられるだけのパンフレットなりの媒体まで手に取っていただいて、
はじめて一定の役割を果たすことになります。



お隣の大繁盛が続く中、当店もここ1週間で急ににぎやかになってきました。
絶品オムライスに負けないように、商品の品質向上にますます磨きをかけようと思っています。
[PR]
by tonkatsuyutaka | 2007-11-04 16:11
<< 第115話 ごはんのおかわりを...   第113話 賞味期限切れ? >>