コンサルタント会社を経て、とんかつ豊かを起業した飲食マーケッター小林孝志のブログ

第80話 絶好調の「平日スペシャル!」
どこの飲食店でも抱える悩みのひとつが土日と平日の格差です。
土日は入りきれないほどいっぱいなのに平日はガラガラ・・・
当店もながらくそんな状態が続きました。


どうすればその状況を打破できるか・・・
いろいろ試行錯誤をしました。
3月に「あまから手帖」という関西では食の代表雑誌に掲載していただいた時に、
アンケートを元にしたDMを発送しました。
DMの内容は雑誌に掲載されることと、そして土日が込み合うので平日に来て欲しいこと、
その2点です。
そして平日来店の特典としてお一人様200円引きの特典をつけました。
すると雑誌の効果もありますが、平日も土日と変わらぬ数のお客様がご来店されました。



そこでもっと広く平日に来ていただく特典を考えて次々に手を打とうと考え、始めたのが
「平日スペシャル!」です。

今年の4月に当店の一番商品である『リッチロースかつ膳(1,800円)』に
平日限定で海老フライを1尾プレゼント+この商品を注文された方に限りドリンク半額という
特典付きの差込メニューを作りました。

この商品はもともと1番売れていましたがそれでも構成比は20%前後。
それが4月の1ヶ月は45%に達しました。
さらにビールや烏龍茶を注文されるお客様が半数を超えました。
平日は単価が低いことが多かったのですが、このメニューひとつで
「客数アップ+単価アップ+一番商品作り」という商売の3種の神器を成し遂げたのです。


それから先もさらに試行錯誤の連続です。
実はリッチロースばかりが売れすぎて他の商品がだぶつき始めました。
このままでは大きなロスが発生します。
そのために特典付きの商品点数を増やしました。

また海老フライ1尾だけではなく、ヒレかつ1個も選択できるようにして、
その代わり100円だけプラスでいただくことにしました。
またドリンクは半額に関わらず注文するお客様が多いので、
「アラカルトメニュー半額」に切り換えました。


そんな工夫を加えながら「平日スペシャル!」をはじめて今月で6ヶ月目。
今月のメニューは
『キングロースかつスペシャル膳(2300円)』
『リッチロースかつスペシャル膳(1900円)』
『クィーンヒレかつスペシャル膳(2100)円』』
の3アイテムを用意しています。


平日はこの3アイテムで売上の80%を占めています。
“平日に来ないと損するわ~”そういっていただけるお客様がとても増えました。
アラカルト半額で、とんかつ以外の美味しさを楽しんでいただけることもできるようになりました。
そしてアラカルトを食べているお客様が“やっぱりビールも”と注文されることも分かりました。



今、平日の客単価は土日よりも200円以上高くなっています。
平日スペシャルをはじめる前と比べると300円近く上がっています。
客数は50%以上増えました。
平日でも行列ができる日が増えてきました。
もっとも以前は常にガラガラだったので50%アップ程度ではまだまだダメなんですが・・・




近隣の飲食店を見ても平日はヒマそう・・・
この商圏はそういう傾向なんだ。仕方がない・・・
ずっとそんな風に思っていました。


しかし違いました。
来ない来ないと嘆くヒマなどなくなりました。



お客様の要望にはできうる限りこたえます。
しかしお客様の都合に合わせていると経営は成り立ちません。
それならばこちらからお客様にとって都合のいい状況を作り出すしかない。


しかし単なる値引きは価値を下げるだけです。
それ以上に経営のモチベーションを下げてしまいます。



お客様を豊かにして、店も豊かになる。
「とんかつ豊か」という店名の由来に少しずつ近づきはじめました。


美味しいものをきれいに出すだけではお客様は来ていただけない。
高い費用をかけてチラシを撒いても効果はない。


そのことを思い知り、小さな店だからこそ出来る小回りの効いた販売促進を行っています。
これからも試行錯誤を繰り返しながら、あらゆる施策を打ち続ける予定です。
[PR]
by tonkatsuyutaka | 2007-09-15 08:41
<< 第81話 引き出しの使い方   第79話 本当にやりたいこと >>