コンサルタント会社を経て、とんかつ豊かを起業した飲食マーケッター小林孝志のブログ

第2話 10坪・14席・駅近立地・Pなし・しかも夜のみ営業で何ができる?
とんかつ豊かは大阪府の北の外れ、面積の半分を国定公園が占める
箕面市(みのお)にあります。
箕面というのは大阪では有数の高級住宅街といわれています。
でもどちらかというと高齢の資産家が多く、
可処分所得が裕福な人はそれほど多くはありません。

豊かのある阪急電鉄箕面駅周辺は、30年程前はダイエーがあって、
日本初のミスタードーナツができ、商店街もとてもにぎわっていました。
しかし5年程前に約5キロ離れた車での交通至便な場所に
カルフールを各テナントとする超メガSCができて、大きく流れが変わりました。
行政の中心機能もそちらに移転する動きもあります。

そしてご多分に漏れず駅前からダイエーが消え、跡地にマンションが建ち、
商店街は多くの店でシャッターが下りたまま。
唯一の救いは高級スーパー「いかり」があり、遠方から富裕層が集まるので、
まだ華やかな雰囲気は残っている・・・
乱暴ですが、それがマクロ的商環境です。


とんかつ豊かは駅前商店街から少し外れたところにあります。
木造の古いぼろアパート(大家さんごめんなさい!!!!!!!)の1階部分を借りています。
広さは10坪、そのうち厨房が3.5坪ほど占めますので客席部分は12畳ほどです。
そこにカウンターが6席、4人がけテーブルが1つ、2人がけテーブルが2つの合計14つの席。
スタッフは私と学生アルバイトが合計8名。平日は2~3名、土日は3名で運営しています。
営業時間は平日6時から、土日5時半からでラストオーダーはともに9時過ぎです。
夜7時を過ぎるとほとんど人通りは絶え、店の前の道路も昼間以外は交通量はごく僅か。
駐車場はありません。

それが豊かの商環境です。




そんなとこで、


そんなとこだから、

やれることは全部やってやろう。
常識を超えるくらいのことをやってやろう。
という思いが強くなるのです。


呼ばなきゃお客様は来てくれない。
呼ぶためには店の存在と商品を知ってもらわないといけない。
でも広告を打つお金はない。
だからテレビや雑誌に取材にきてもらうと決めた。
取材に来てもらうためには話題がいる。
話題になる商品を作った。
取材が決まった。
お客様がどっと押し寄せた。
押し寄せたお客様に次回来ていただく策を講じた。
また来ていただいた。
3回目に来ていただくためにメニューを変えた。
それをまた楽しみに来ていただいた。

こうしてその都度高まる期待値のその上を行く改善を行いつづけています。


商売の正論である
集客活動と商品力強化とサービス力の強化。
それらが三位一体で上昇スパイラルを続ければまだまだとんかつ豊かは成長します。


だからまだまだ全く出来上がっていない店であり
もしくは永遠に完成がない店なのかもしれません。
来て欲しい客層のお客様で店をぎゅうぎゅうにしたい。
そしてその状態をずっと続けたい。

そのための策はまだまだ発展途上で出し切れていない。


だから楽しい。

だから勉強する。


病気で体調が完全でないから、昼の営業は出来ない。
そのおかげでこうしてブログを書けるし、そのためにますます勉強ができるのです。



10坪14席の小さな店は、
私にとってはマーケティングの理論と実践を繰り返すための、馬鹿でかい実験室なのです。
[PR]
by tonkatsuyutaka | 2007-05-31 11:37
<< 第3話 今月の目標は?   第1話 飲食業は製造小売業。目... >>